あずましのぶです。
おじさん海外俳優が大好きです♥
★ブログ内検索でマーベル映画を検索できるようにしました★
Marvel、マーベル、MCUの単語で引っかかるようにしてます。
Marvel以外のシリーズものにも今後ちょっとずつキーワードを追加していくつもり。

Twitter:@sinobuazuma

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

ブログパーツ


「スプリット」の感想文

2017.05.20 Saturday

 

シャマランで見たことがあるものは「シックス・センス」「サイン」「ヴィジット」だけのシャマラン初心者なぼくですが、見てきました。
マカヴォイヴォイ!

 

 


※ネタバレしてます

 


突然、見知らぬ男に誘拐された女子高生3人。序盤はさらわれた女子高生の1人ケイシーの過去と、男の担当医らしき先生と、入り乱れてなんだなんだと戸惑うばかり。しかし徐々に男の正体が浮き彫りになっていくのはおもしろかった。

 

シャマラン映画共通の(3作しか見てないくせにえらそうに言うよ)傷をもった主人公が物事に立ち向かっていくというのがぼくは好きです。今作でいえば、それがケイシーでありケビンであったわけですが。
まさかビーストが言葉通りビーストだったとは驚きました。ケビンの他の人格たちはどうなってしまったんだろう。
ケイシーたちが閉じ込められていた場所も、ああだからずっと動物の話を…そうか、うん、うん?と納得できたようなできなかったような感じですが、うん、まあ、概ね納得。


ケイシーの服をギリギリまで脱がせなかったのがここで効くかとちょっと感心したりもしたよ。でもいつ脱いだ?となりましたね。見逃したかな。ビーストさん出てくるまでだいぶ眠かったんだよな。

 

余談ですが、ヘドウィクのダンスに「ヴィジット」の弟のラップと似た何かを感じたのはぼくだけでしょうか。ぼくだけならいいんですが。

マカヴォイは今回マカヴォイとは思えないほどマカヴォイっぽくなかったです。いや、それほどマカヴォイを知ってるわけじゃないんですが。デニス、パトリシア、ヘドウィクを表情だけで理解させるマカヴォイの顔力。すごい。

 

単純な脱出劇かなと思っていたら「え?そっちへ行くの?」とフェイントをかまされ大変楽しく見ることができました。

しかし!最後の最後のある演出に唖然。ぼくがシャマラン初心者なばっかりに、100%この映画を楽しめなかったかもしれない…と悔しく思ってしまいました。まあ、本編と関係ないといえばないので、シャマラン初心者でも大丈夫!
あの映画を見なくては、と決意しました。付いていくよ、シャマラン!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 


スポンサーサイト

2017.11.16 Thursday

  • -
  • 09:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック