あずましのぶです。
おじさん海外俳優が大好きです。
このたびコメント欄を閉鎖いたしました。
(ないかと思いますが)記事に関するコメント等があればTwitterのリプやDMにて頂ければと思います。
これまでコメントくださった方ありがとうございました。

Twitter:@sinobuazuma

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

ブログパーツ


CSI: シーズン4 第2話「狂気の仕置き人」の感想文

2015.11.11 Wednesday


前回からどれくらい空いたのだろう(´・ω・`)
Dlifeでの怒濤のCSI再放送ラッシュにより録画することができました。やったー。
CSI最後の特別編のお口直しに。


※以下ネタバレ※


前回ラストで殺害されていた容疑者・クラインフェルド夫妻。
丸腰の主任を外に出して自分は安全を確保するため見回るブラス警部が好きです。ぼくも警部と一緒に銃とライトを交差させてクリア!って言いたい。
クラインフェルド家を見張っていた警官2人が怪しいとにらむグリッソム。ペットボトルサイレンサー探しを命じられたグレッグが側溝から警官の制服(偽物)を発見。
喧嘩する主任と警部に報告しにいったのに後にしろって言われて「今!来て!……ください」って言うグレッグかわいすぎた。顔汚れてるの。
警察バッジからフロマンスキー巡査が疑われるが、音声などの証拠品から彼が犯人ではないと証明される。主任は「この私が証拠を無視してしまった」と反省。フロマンスキーは「これからは応援を呼んでも来ないかも」と脅しをかける。主任、射撃うまいんだね。

犯人は判事の書記官のガードナー。スレーター判事が無能なもんだから自由になった犯罪者を自分の手で殺していたのだ。もっと余罪があるかもね、こりゃあ。
靴裏に残った検事局?のマークで足がついた。1話でガードナーがそこでタバコを吸うシーンがちゃんと入ってるんだよね。
 

浴槽で茹だったグロ死体!

サラとキャサリンが担当した事件の死体。すごかったなぁ。デロンデロンですわ。
お風呂で汗だくになってるオライリー刑事好き。


●見張っていた刑事2人のうちの1人は「ウォッチメン」のコメディアンだったジェフリー・ディーン・モーガンさん。ん〜若い!
●銃器ラボといえばボビーなのに今回は不在!リッチって誰やねん!



ポチッとお願いします(`・ω・´)キュルルルン
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

CSI: シーズン4 第1話「終末の淵まで」の感想文

2015.05.20 Wednesday


「ブラックハット」でアーチーを見て久しぶりにCSIを見たくなったので、シーズン3の後半を見るか!と思ったんですが、録画しといたはずの18話〜S4の3話がどこにも見当たらず…(´・ω・`)
仕方なくだいぶ前に書いて放置してたシーズン4の第1話の感想をUPしておきます。これ続きものなんだけど、2話が見られないので単体で…。
 

ホテルの客室で喉を切られて殺害されていた女性。
そしてその夫もホテルの駐車場の車の中で殺害されていた。
昨夜二人とストリップクラブに訪れた別のカップルの存在が浮かび上がるが…


※以下ネタバレしてます


耳を手術した主任が復活!
主任のウィンク☆きゃあああ(・∀・)

ニックから聞いた情報をマスコミにぺろっと流すのはサイバー諜報員さん。若いっ!未来のサイバー軍長官とはニアミスかぁ。

夫婦とスワッピング目的だと思わせて近づき、妻を夫に殺させ、その後夫を殺すのを繰り返す犯人たち夫婦。
スワッピング願望のある夫婦がそんなにいるのか。ただれてるわっ!
犯人のキャメロン、マンディ夫妻。夫のキャメロンはNCISのアリだった人だ。やっぱり悪い役なのね。
夫婦で殺しをするなんとも胸くその悪いやつら。しかし、判事は令状を出さない。被害者の耳からマンディのDNAを検出して令状がおり、ブラス警部と主任が駆けつけるが、夫妻は何者かに殺害されていた。

そしてまさかの「To Be Continued」!
※この文字の出方かっこいい。

●ニックが主任に怒られるんじゃないかとビクビクしてるのがかわいい。自分から話しちゃいなさいよ!主任はお見通しだぞ〜!
●マジックフィンガーなんてものがあるんだぁ。へぇぇぇ。勉強になるなぁφ(。_。*)
●「終末の淵まで」っていうのはシェイクスピアのソネット116番の一節なんだってφ(。_。*)



ポチッとお願いします(`・ω・´)キュルルルン
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

CSI: シーズン3「殺しのレシピ」の感想文

2014.07.02 Wednesday


精肉工場でミンチにされた人間の腕が発見される…。尺骨がひっかかってミキサーに詰まっていたのだ。
一方、リンダという女性が死亡しているのをリンダの父親が発見。ベッドの上で、手首を切って死んでいたが、遺体を動かした形跡があった。


※以下ネタバレ※


もーう!もーう!グロいー!もーう!

手をミキサーから引き抜きながら「手を貸してくれ」っていう主任w
NYではホークスも言ってたし、CSIでは鉄板のジョークなんだろうか。

ミンチの手の持ち主はシェフのペトロフ。
厨房で血を飛ばしたり、客に大やけどを負わせたり、痴情がもつれまくってたり、あんなレストラン嫌すぎる。
スーシェフって副料理長だったのね。スーって名前のシェフかと思ってた。
こっちの事件はなんかよくわからんかった…。
プレイボーイだったペトロフがシェフの女と浮気したから、受付係の女が殺した。
相手がシェフだったから太刀打ちできない、だから殺した…うーん…。わかるけど、ようわからん。


一方ウォリックたちが担当した事件。
リンダは双極性障害を患っていたが、リチウムを飲んでいなかった。
度重なる問題に頭を悩ませていた父親。精神安定剤をリンダに飲ませ、手首を切った…。精神病院に入院されるために自殺未遂に見せかけたかっただけだったのに…そこにリンダの彼氏が来てしまいクローゼットから出られず手遅れに…。死んでいく娘を見ながら、クローゼットで泣いてたんだよお父さん…。苦労したんだろうなぁ(´;ω;`)
ウォリックのおばあちゃんの言葉「異常なものは正常な人まで異常にする」。その通りだなぁ…。


デヴィッド・ホッジス初登場!きらきら
こんなに早く登場していたのかぁ(・∀・)
キャラが全然ちがうw 陰気でただの嫌なやつだったよ。
いつ「た〜いしょっハート」って言い出すのかな〜♪
ホッジスの吹替えは咲野俊介さん。
いまだにクリマイのモーガンや、NUMB3RSのチャーリーと同じとは信じられないねぇ。


今回のニックはキャサリンのお手伝いで「精液発見☆」しただけだった。
足りない。ニック成分が足りないよ…(´・ω・`)



ポチッとお願いします(`・ω・´)キュルルルン
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

CSI: シーズン2「覗き穴の殺人者」の感想文

2014.03.16 Sunday


男からの電話に怯えるジェーン。クローゼットに潜んでいた何者かに殺害される。遺体は髪を赤く染められ、トイレに突っ伏したような格好を「演出」されていた。
窓には釘、玄関のドアには3つの鍵。完全に密閉された家から、犯人はどこから入り、どこから出たのか。


※以下ネタバレ※


ニックを「犯罪ストッパー」とからかうウォリックたち。グレッグが率先してニックが載った会報誌を広めていた。怒られるのが怖いなら最初からするなよ笑
自分で原稿を送ったことになっているが、ニックには身に覚えがない。

ジェーンはストーカー被害に会っていたことが分かる。さらに、ジェーンの死を予知していたという霊能者・ピアソンが現れる!どういうことなのこれ。最初は全然信じてなかった主任だったけど、ピアソンの見たものが上から眺めていることを知り、ジェーンの家の天井裏を調べる。すると、そこには全ての部屋を覗ける穴があった。
冒頭で爪を噛むなとジェーンに言ってたのは見てたからか…どこに逃げても隠れても、鍵も釘も無駄だったのか…きもすぎるドクロ
ジェーンはケーブルテレビを契約していたことがわかる。ルナ・ケーブルの社員のクレーンの自宅へ聞き込みに来たニックとウォリック。ウォリックが電話に出ている間、一人室内を調べるニックに後ろから近づく男…次の瞬間ニックが窓からガシャーンと転落!!!
うぉ━━━━━━━い!ニック━━━━━━━━!!!

クレーンの部屋は殺風景だったが、屋根裏に全ての生活空間があった。それに感動した主任、興奮しないで!笑
クレーンはケーブルテレビを契約したニックの家に取り付けに来ていた。そこでニックへ一方的に好意を抱いてストーカーとなったのだ。
ニックは自宅に帰って療養することに。そこにピアソンさんが!完全に不審者。ニックが不審がるのも仕方ないw
家の中を見て回るピアソンさんは潜んでいたクレーンにやられてしまう!
クレーンに追いつめられるニック…やばいやばいやばい…汗ニックの服を着て、ニックのために昔の彼女の写真を再現したジェーンの死体をプレゼントしたという。完全にイカれているね。
ニックがクレーンの自宅に行った時、うしろを通り過ぎてるんだよね。怖い〜。銃を奪おうと格闘になったところにブラス警部が助けにくる!
「もう大丈夫だ」って言う警部に惚れてまうkyu

ニックの「犯罪ストッパー」の記事を会報に送ったのもクレーンだったってことなんだろうなぁ。
「俺は、だれだ?」と虚ろにつぶやくクレーン。「マズローの欲求階級理論」を引用して、ニックになることで自己実現しようとしたと解説する主任。
ピアソンさん死んだのかな?死体がある、とかクレーンが言ってたからやっぱ殺されちゃったのかな…ひどい!悲しすぎる!ピアソンさんに何も言及せず終わるのも悲しい(´;ω;`)

ニックってばほんとに巻き込まれ体質(´・ω・`)
久々に見て、ニックの落下シーンがあんなに派手だったのかと驚きました。そりゃウォリックもビックリする。
心配で目が離せないんですよ汗ニックを守ってあげて主任!いや、警部の方が適任か。


P!NKちゃんってのが時代を感じるね。
キャサリンの後ろで腕組んでるアーチーかわいい。
ピアソン役の人はこちらでも紹介したLeland Orser!



ポチッとお願いします(`・ω・´)キュルルルン
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ



 

CSI: シーズン2「暴走バス 24人の運命」の感想文

2014.02.25 Tuesday


べガスへ向かう長距離バスが突然暴走。バスは乗用車を巻き込み、崖の下へ落ち、大勢の死傷者を出す大惨事になる。
グリッソムは「最悪のシナリオを想定して作業しろ」と言い、CSIの全員を呼んでの現場検証が始まる。


※以下ネタバレ※


運転手さん、お酒を飲んだんでは?と疑われて可哀想だったな…=3
低血糖による発作で酩酊状態になってたのだね。しかも、結局亡くなってしまうんだよなぁkyu
フロントガラスをぶち破って吹き飛んでた男の遺体や、乗用車の男性が生きているのを見落とすなんてかなり雑だよね。
タイヤにクロロホルムが入れられていたことがわかる。クロロホルムはゴムの弾性を失わせ、長時間の走行でタイヤがパンクする。
クロロホルムを入れたのはバス会社をクビになったショーン。
ボルトの強度が偽装されていたせいで、本来折れるはずがなかったのにロッドアームが折れて、事故が起きた。ボルトさえしっかりしてればあんな事故は起きなかったって…どアホウが!怒り


グレッグ初めての現場きらきら
気合いばっちりだったけど、目の前でバスの運転手が吐血したのを見て固まってしまう汗ニックに何度もごめんって言ったのね。
薄着ですごく寒そうだったグレッグ。途中、ニックが脱いだジャケット着ちゃえ!と思っちゃいました。
「バスの中を調べたら?」と的確な指摘もして主任もびっくり。
ここからグレッグが現場に興味を持ったんだと思うと、胸が熱くなるねキリッ
「いい経験になりました」ってグレッグが言った後の主任の笑顔が素敵でしたハート
分析官ビンセント(いたねーこの人)が「グレッグが恥をさらしたんだって?」と揶揄するのを「嘘、デマよ」と突っぱねたサラ男前!


やっぱり初期はおもしろいなぁ。
この回のグレッグは実に初々しい。けしからん=3

※ところで、字幕を出してみたら、キャサリンが乗用車の男性に付き添って行った病院の先生の名前が「ラングストン」だったんですけど…なにこれどういう意図?(´・ω・`)?



ポチッとお願いします(`・ω・´)キュルルルン
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

CSI: シーズン2「いとしきエリー 我が娘」の感想文

2013.12.15 Sunday


初期はキャラが荒削りで面白いですね。
久しぶりに見て「警部ぅぅぅぅ」となったんで、感想文をUPしてみます。
初代エリー役はコールドケースでリリーの妹クリスティーナを演じていた女優さんだったのですね。あっちでもこっちでも、荒んでるなぁ(´・ω・`)


観光客相手に偽のチップで換金詐欺をしようとした男が駐車場で殺される。
グリッソムは、ゴキブリレースのために(ほんとは死亡時期の判定の講義のため)ミネソタへ行くことに。その間、主任代理をキャサリンに任せようとするが、彼女もリノへ行くため急遽ウォリックに任せることに。


※以下ネタバレ※

CSI:マイアミ シーズン6「炎の幻影」の感想文

2013.10.26 Saturday


ジェシカとブランドンの乗った車が突然炎上する。ジェシカは気を失い、ブランドンは必死で彼女を外へ連れ出す。ブランドンは一命を取り留めたが、ジェシカは死亡してしまう。現場検証をしたデルコとカリー。デルコは車の下に燃焼促進剤を見つける。カリーに知らせようとふと顔を上げると、そこにはいるはずのない人物の姿が…

※以下ネタバレ※

CSI:シーズン11「名前の落とし物」の感想文

2013.10.10 Thursday


自分の耳入りスープを食べさせられる男。
埋め立て地へ向かうトラックから「怪しい液体」がにじみ出ていると運転手が通報してきた。ブラス警部に一緒に、ニックとラングストンが現場へ向かう。
にじみ出ていた液体は血液。荷台を開けると、細かく裁断されたゴミと一緒にバラバラの人体が出て来た。

※以下ネタバレ※

CSI:シーズン11「ゴミ屋敷の法則」の感想文

2013.10.04 Friday


ごはん食べながらCSI、ダメ絶対!


ミッチとエイカーズが通報を受け訪ねた一軒の家。中から異臭がして、ドアを蹴破るが玄関には物が積み上げてあり入れなかった。
家主はマルタ・サンティエゴ。役所から強制清掃の通知が来ていた。
現場に到着したニックとサラは裏口から家の中に入ることに。家中ゴミだらけで、死体の捜索もままならない。
あふれる物をかき分けて探しニックとサラ。ゴミや物ばかりでなく、猫の死体までが散乱する部屋。
ねずみに驚いたニックが床に倒れていた腐敗した死体を踏んでしまう…。


※以下ネタバレ※


CSI: シーズン11「冷血動物」

2013.07.29 Monday


ある青年が死体で発見される。コヨーテに食べられたのか、背中には動物の噛み痕があった。
しかし、腹部にはコヨーテのものとは思えない巨大な噛み痕が。
一方、ニックとグレッグは、フィル・コーラーという男性が死んだ事件を担当。
一見、自殺のように見えたが、頭部の銃創の周囲に星型裂傷がなく、火薬粒が顔全体に散っていたため、他者に撃たれたことがわかる。
コーラーは、5年前に娘ホイットニーを誘拐され殺害されていた。

※以下ネタバレ※
続きを読む >>

| 1/6PAGES | >>