あずましのぶです。
おじさん海外俳優が大好きです。
このたびコメント欄を閉鎖いたしました。
(ないかと思いますが)記事に関するコメント等があればTwitterのリプやDMにて頂ければと思います。
これまでコメントくださった方ありがとうございました。

Twitter:@sinobuazuma

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

ブログパーツ


エレメンタリー シーズン6 第10話ー12話の感想文

2019.08.18 Sunday

 

ワトソンの衣装を網羅した写真集ほしいですね。

作ってください!

 


※ネタバレしてます!

 

第10話「知りすぎていた女」

ホームズパパ登場。モリアーティの組織引き継いでたの???シーズン4ちゃんと見てないなぼく。
お兄ちゃんほんとに死んだのかぁ…ショック…。

核シェルターで内臓を抜き取られた死体が発見される。脳をかき出す棒ってボディオブプルーフでも出てきたな…。
ミイラを作ろうとしていたって…なんだよそれぇ。
女性ファラオのミイラに見せかけてミイラを作ろうとしていたテーベの民と言われる人物に依頼され、男がミーシャを殺したと認めるが、ミーシャはエジプト系には見えない。ミーシャの場合は殺害自体が目的らしかった。
ミーシャは贋作作家の正体を暴こうとしていた。しかしその贋作作家ジャスパーは彼女の父親で、父親は危険な人物がいっぱいいるアート業界から娘を守ろうとしてた。
犯人はジャスパーの贋作を売ってきたヴェネト。ミーシャの本が出版されれば自分も破滅すると彼女を殺したのだった。


●モリアーティ is BACK?
ホームズパパを付け狙う男の姿を見たホームズがパパの迎えが来るまで一緒にいるよと言ったらパパ嬉しそうだったな。
ホームズ莫大な財産を相続放棄。はあ〜ぼくが相続したい。
パパを狙っていた殺し屋ボロザンに依頼主を問い詰めるもホームズだったが、殺し屋はホテルの窓から飛び降りて自殺してしまう。
モリアーティが自分の組織を取り戻すために再び動き出していると考えているようだが…?
パパ死んだらいやだなぁ…(´;ω;`)

 

●生ハムの原木持ってる系男子シャーロック・ホームズ

●怪しい俳優ディラン・ベイカー!吹き替えがCSI:NYのアダム(後藤敦)だったー!今回郷田ほづみも吹き替えにいてどっちが犯人か惑わされたな(声優で犯人探しをする悪い癖)
●ワトソンのスカーフ星柄だあああああ☆かわいいいいいいい☆★☆★
●ケペシュ使いの容疑者の声シカゴPDのハルステッドの声だった!

 

第11話「煙の彼方」

におい嗅ぐおじいちゃんミスター・ノーズ再登場!ナツメグ以来?
たばこについてはノーズとは見識を異なるホームズw すごくおもしろいw
こっちのホームズもやはりたばこについての論文書いてるんだな。


殺されたのは弁護士のファム。企業合併に際し相手企業の財務状況を調査していた。大手たばこ会社ウォッシュバーンとサミットストウの合併の件で殺されたと思われたが…。
タバコ会社に潜入捜査しているATF捜査官バクシとその同僚エヴァニアは密売で得た金を懐に入れていた。ファムはその真相を知り捜査官たちに殺された?と思いきや、バクシとエヴァニアは金を盗んだなと揉め同士討ち。彼らの上司は裏金を捜査活動に使っていると話す。不法に入手した金を活動に使うってCIAもやってるらしいよね。
サミットストウの事務長マギーがウォッシュバーンのスパイで、ATFの件を知りファムを殺害。ウォッシュバーンの社長がマギーを逃したのだった。


モーランド・ホームズを狙っているのはやはりモリアーティだと確信するホームズ。
組織のトップであるモーランドを殺せばそのあとを自分が継ぐ、とモリアーティと休戦協定を結ぶ。
モリアーティまじ怖い。


●ワトソンのチェック柄のロングコートとてもかわいい!
●ボーンズのバジリくんが出てたよ!怪しい!
●あれ?またハルステッドの声がいる???吹き替え出演者一覧に名前があったよ!モブレギュラーなんだな。

 

第12話「女王様と奴隷たち」

マリア・ロドリゲスという女性の捜索を依頼されたワトソン。彼女らしき家を見つけたが部屋は荒れ、拉致されたようだった。
マリアは女王様として“奴隷”からギフトカード等の貢物を送らせ、それで生活していた。
ダークウェブで女性を敵視する連中に拉致されたマリア。犯行を予告するような投稿をしていたカイルはジムで女性を襲おうとしていたがマリア拉致の実行犯ではなかった。
胸糞悪い連中の溜まり場の管理人を安全保障省に突き出したのすっきりした。


マリアは2年連続で各地を回る科学フェスに出店していた。ブースで彼女に絡んでいたローマンの家を調べたが彼も拉致されていた。なんで?出店物絡み??
ローマンの作業場のスクラップを調べると銃を作っていたことが判明。おいおい…。2人に銃を作らせていたのはなんとマリアの兄貴!とんでもないクソ野郎ですね!
2人とも生きて救出されて本当によかった。

ベルにストライダー・リンカーン(馳夫!)という人物から連邦保安局員にと引き抜きが!逃亡犯者を追うの?FBIとはちがう機関なのか。エリート集団なんだな。
ベルを推薦したのはホームズで、高みを目指して欲しいという思いから。ベルの適正まで考えて推薦したのか。ホームズったら…。
ベルは警部への義理で行けないという…んーやっぱそうなのかぁ…。しかし警部はベルの背中を押す。さ、さすが警部です…!「お前を誇りに思う」って…警部…!泣いちゃった。
ベルいなくなったらとても寂しいなぁ(´;ω;`)

 

●フェスの行列に鳥打帽と山高帽の2人がいてまさか!?と思ったらフェイントだった。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


エレメンタリー シーズン6 第7話ー9話の感想文

2019.08.15 Thursday

 

2話連続で見るのがやっと…集中力がほんとにない。
ぼちぼち行こう。

 


※ネタバレしてます!

 

第7話「殺しのオーナメント」

グレッグソン警部の娘ハンナのルームメイト・マディが殺害される。マディは失踪中の10人の女性の服やアクセサリーを着せられていた。
被害者たちの身元を調べる過程でホームズがマイケルから依頼されていたポリー・ケナーに繋がる。マイケルを訪ねるホームズ。いちいち反応がわざとらしいマイケル…怖い怖い。犯人のめどは?っておめえだよおおおおおおお!と思ったらホームズ見抜いてた!さすが!
マイケルの自宅を見張っているホームズとワトソンだったが、ホームズの頭痛がピークに達し、ワトソンが薬局に行ってる間にマイケルが現れホームズが車ごといなくなってしまう。
気絶したホームズを病院に運んだマイケル。訥々と薬をやらないために“仕事”をやり続ける話をするマイケル。君と僕はお互いに必要だと。きもいきもい。
真っ先にワトソンに手を出すなって言うホームズ萌え。
マイケルにヘロインを与える作戦を立てるが、マイケルはすでに去ったあとだった。バスの中から電話してくるマイケル。「君が良くなるまで待つよ。その間は誰も傷つけない。また帰ってくる」と告げるのだった。帰って来なくていいよー!


最後、ホームズはどこかへお出かけ。休養に行くのかな。


●エヴリワンが代償なしに情報を!?
●警察犬いっぱい出てきた!わんわん!

 

第8話「砂の女」

3ヶ月後、元気になって帰ってきたホームズ。向こうでも捜査してワトソンに怒られる。
帰ってきて「ワトソン!ワトソン!」って嬉しそうに呼ぶホームズかわいすぎますね。
家に妊婦のケルシーがいて、彼女の赤ちゃんをワトソンが引き取ると聞いたホームズの顔w
ホームズに子供がいても大丈夫かと聞くワトソンに「君のためならいつでも合わせる、いつでも」って!ホームズ!


ケルシーは結局自分で育てたいと養子を断る。まぁなぁ、そうできるのが一番だよね。すごくしっかりしてる子だし、それでよかったんじゃないかな。ワトソンに勇気を貰えたって。
ワトソンを励ますホームズ優しいなぁ。ケルシーにワトソンは母親に向いてるかと問われ「ワトソンは何にでもなれる」と答えたり、愛情がダダ漏れですよホームズさん。


工事現場のコンクリからローレンという女性の遺体が発見される。パーサス社のMERMAという清掃マシンを巡ってもめたと思われたが…。
ローレンがMERMAの試験をしていた川では砂を搾取するトパーズ・ヴァレーという組織が関わっていた。インド系の“サンドマフィア”のヴィクラントが浮上する。
砂といえば、アフリカでも砂を売って生活する人が多いせいで浜が侵食されて水害が怒ってるってニュース見たな。
犯人は役所?のピカリングという男。マフィアの仕業に見せかけて自分の不正を隠すために殺したのだった…。


●地質学社のゲイ再登場!

 

第9話「命の期限」

アルフレードキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
アルフレード声変わった?こんな声だったかな。10万ドル盗むの手伝ってってどういうこと!?


大学のラボで教授ノアの遺体が見つかる。実験用のラットにもぐもぐされている〜!う〜!ねずちゃんたち〜!
ノアは学生たちに覚醒剤を売っている売人からいつも薬を買っていたらしい。みんなそんな気軽に覚醒剤やってるの!?怖すぎ。
動物保護施設に移されたラットたちが盗まれ、盗んだやつが犯人かと思いきや、ノアの共同研究者イライジャが犯人かと思いきや、イライジャはノアより前に殺されていて、容疑者なんと15歳の少女レイシーだった。レイシーは彼に血液を売っていたという。しかしこれも関係なくて、犯人はガラハッド賞(生物学の賞)を主催する会社のハンター。親父が不老不死に夢中で財産を費やしていたのが動機。結局金か〜。


アルフレードが10万ドル盗むっていうのは、セキュリティシステムを搭載する仕事の支払いが未払いだから金庫から金を盗むという。訴えるとかできるのでは?とホームズがいうとアルフレードの兄ダンテの会社が経営破綻して借金があるという。ダンテに覚えがないのだが、と思ったら出てきたことはないのか。
ダンテはアルフレードをあらゆる悪の道に導いた張本人だからそれを助ける気はないと断りアルフレードと揉める。お前には兄貴を思う気持ちはわからないと言われたと拗ねるホームズ。


ホームズはマイクロフトを狙っていたフランスのマフィアが壊滅し脅威はなくなったのに連絡をよこさないことに憤る。まったくめんどくさい弟だよ。
アルフレードに小切手を渡して怒らせる。ホームズはダンテと話し、彼を許し、マイクロフトのことを許そうと思う。そしたら君も俺を許すだろ?と譲歩する。
ケイマン諸島の銀行の知り合いにマイクロフトへ連絡をとってほしいと請い、返ってきた返事は………マイクロフトは10ヶ月前に頭蓋内出血で亡くなったと……。
ええええええええええええええええお兄ちゃん死んじゃったの………。そんな…(´;ω;`)
マイクロフトそんな好きなキャラじゃなかったけど、死ぬなんて…パパもショックなのでは…。


●今回はグレーのスーツだったワトソン。なんで今シーズンスーツ多いんだろう。素敵。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 

 


エレメンタリー シーズン6 第4話ー6話の感想文

2019.08.13 Tuesday

 

めちゃめちゃめちゃめちゃ久しぶりに視聴しました。お盆の間にできるだけ消化したい!

 

 

※ネタバレしてます!

 

第4話「血まみれの診療所」

ワトソンが以前セラピーを受けていたドクター・リードが殺害される。
ホームズは無断で患者のカルテを収集w ひどいなw
紙持ってきたよーとワトソン。なんで紙?と思ったら紙の方がディスプレイより頭痛が起こらないと印刷してた。なるほどー。


ドクターにプレゼントをして執着していたカプールという男を尋ねるがホームズたちが目を離してる隙に飛び降り!両足骨折だったけど助かった。あぶねえええ。
カプールの上司プレイスがドクターのオフィスを盗聴していたが、その音声をプレイスの汚れ仕事を担当する男が消してしまっていた。殺しの現場の音声を聞いた男は犯人が「アイアニーヤアミーニ」と言うの聞いたという。その言葉で犯人に気づくホームズ。なんだ!?
犯人はドクターのデモプロス。株の取引などの業務上の秘密をセラピーで話していたカプールを利用しようと企んでいたのだ。患者を奪おうと殺したの?ひどいな。


セラピストの自分に関するメモを読んだワトソンは「いい母親になれた」という一文にかなりショックを受けた様子。そして、養子縁組を進めるワトソン…おおマジか。


●今回も怪しい俳優と怪しい吹き替えがたくさんで惑わされた。
●今回のワトソンの黒スーツも素敵だった。三つ揃え。ネクタイかと思ったらシャツの色だった。

 

第5話「頭だけの死体」

ブロードウェイの評論家ヴィクトリア殺害の捜査をしていたホームズとワトソン。別行動の後、直近6時間の記憶がなくなったホームズ。持って帰ってきた鞄の中には人の頭が!
最高の導入なんですけどw
頭の持ち主はヴィクトリアに皮膚を移植したドナーである可能性が。ホームズが調べていたことをたどると、同じドナーから移植された人物が火事で死んだいたことがわかる。
ホームズはドナー提供会社に社長を訪ね、頭部を盗んだことがわかった。


頭の持ち主はエリック・ルッソ。中国で鳥インフルに感染して死亡した学生と付き合っていたエリックも感染していた…と思いきや。エリックは死ぬ2日前にジムに行っていた。感染していたならその頃にはもう重篤だったはず。でも彼の組織からは鳥インフルの感染が確認されている。どういうことだ???
エリックは鳥インフルにかかっていたが発症していたなかった。致死率100%のインフルの抗体を持っていたのだ。それを知った保険局のセルスキー博士が犯人。ワクチン作るために殺す必要あるのか?ひどい。


警部にまだ病気のこと話してなかったのか。黙ってたことに怒る警部。医者の許可が降りるまで仕事はさせないと言われる。怒られてる間のホームズの顔よ。
警部の立場を理解しつつ、何かできることがあれば言ってって言うベルほんといいやつ。好き!
市警の医者と担当医、それぞれ週1で診察してもらうことを条件にホームズは復帰を許可される。でも警部としては完治するまで復帰してほしくない。医者を騙したりしたら俺が判断するぞと警告する警部なのでした。


●いきなりホームズの自宅に来ちゃうマイケル。怖すぎるんですけど…か、帰れ!帰れ帰れ!
ミーティングで「友人に課題を出したけどダメみたい。もっとちゃんと自分のいうことを聞かせないと」と語る。怖いよー(´;ω;`)
●ホームズが礼儀正しかったと聞いて「いい日に当たったね」というベル。
●今回のワトソンファッション。グレーのスーツに黒シャツと蝶ネクタイが超いい!

 

第6話「この指とまれ」

変な日本来てしまったわ…!YAKUZA!SUMOU!

 

小指のないアンドウ・アズマが殺害される。アンドウは小指に義指を付けていたがそれは盗まれていた。
日本にはヤクザの証を手助けする裏クリニックがあるらしい。怖いな。
日本の警察に電話してたホームズもしかして日本語話してたのか?ああ字幕版見たい。はい!はい!わかりました!ってうるせえw
ゴウ・シヌラという男が登場!シヌラ!?ノシムリ系かな!?プレデターのヤクザの人だよー!(ルイ・オザワ)


ゴウからの情報で向かった倉庫でホームズとワトソンは空軍に拘束される。あーあーw
アンドウが空軍の情報を盗んだのではと空軍の大将が疑われるが大将は当日赤ちゃんプレイをしていたアリバイが!CSI以来の赤ちゃんプレイ!
犯人は空軍中佐だった。鼻が利かないから料理のにおいに気づけずに火事になったってことか。それを確かめるためにわざわざドリアン持ってくるホームズw

警部の娘ハンナはアルコール依存症。また面倒なことに…。仕事中にも飲んでるのは…相当やばいな。
マイケルは新たな獲物を物色…。なんとそれはハンナ!おいやめろ!あれ、でも殺したのはルームメイト!?なに…怖すぎる…もうやだこいつ…(´;ω;`)


●メイソン久しぶり。
●おなじみNSAのマクナリー。
●アグリー・ベティのパパ役トニー・プラナ登場。声も一緒!

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


エレメンタリー シーズン6 第2話・第3話の感想文

2019.02.18 Monday

 

せっかくなので(?)S6の全話レビューをしてみることにしました。

録画がめっちゃ溜まっているので、消化がてら。が、がんばる!

 

第2話「ミッドタウンの稲妻」

路上で稲妻のような光に打たれて男性が死亡。死亡したのはエネルギー省の検査技師ローハン。
プルトニウムの強奪が発覚し、国家核安全保障局のコーラーが捜査にやってくる。


アリミ・バラードさんがゲスト!犯人でしょ!
…いや、いけない。俳優で犯人を推理するなんて愚の骨頂よ、そんなことではいけない。それで騙されたことが何度もあったでしょう?


って、やっぱりあんたが犯人かーい!
汚染爆弾でのテロと思わせておいて、強盗がコーラーの目的だった。強盗のためにプルトニウムを盗むとはね。
どうしたエレメンタリー。どうしたんだ。役者で犯人バレなんてそんなことするようなやつじゃなかったろう?君の実力はそんなもんじゃないだろう?などと思った第2話でした。


●室内のライトで頭痛を起こすホームズ。薬使えないのつらいなぁ…。
●ワトソンには異母兄弟が痛んだね。統合失調症だったお父さん亡くなったのか…。
●オランダでは自転車に配慮した車のドアの開け方があるのか!ダッチリーチ!

 

 

第3話「世にも奇妙な戦士」

アメドラあるある独立戦争ごっこ中の殺人。殺されたのはジョージ・ニックス。仲が悪かったジョージの娘が疑われるが…。
今回も役者で犯人がわかってしまいました。しかし、犯行の手口で一捻りあったのはよかったですね。


ホームズが一度に話を聞き分けられるのは6人まで。す、すげえw 聖徳太子かよw
屋外でサングラスかけているのは頭痛のせいかな。症状は悪化するばかり。ガパメンチンは依存症になりにくいからと勧めるドクターに、薬はそうでも自分が依存症になりやすいと薬を飲むのもためらうホームズ。マイケルに相談して、結局服用を始める。
ホームズが、他人に相談して行動を決めるなんて…!S1からでは考えられない。


●殺人犯のお友達マイケルはホームズの相談にのってくれる。この人はなんなの?殺人依存症なの?ホームズのために殺してるの?マジでなんなの?怖いよ〜。
演じてるデズモンド・ハリントンさん、不穏よねぇ。ドラマ版リミットレスでもちょっとあれな役だったよね。『ダークナイト・ライジング』にも出てたんだねぇ。


●吹き替えに後藤哲夫さんがいた(´;ω;`)
●『ジャージー・ボーイズ』でボブ・クルーを演じていたマイク・ドイルさんが出ていました!
●今シーズンのワトソンも服かわいい〜。スーツ系のお洋服が多めだね。かわいい〜。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


エレメンタリー シーズン6 第1話「過ぎ去った退屈」の感想文

2018.11.16 Friday

 

エレメンタリーはDlifeでS1を見てからWOWOWでS5を見て、DlifeでS2を見て、WOWOWでS4を見て、DlifeでS3を見はじめて、とめちゃくちゃな順序で見てます。
それにしてもなぜ急にエレメンタリーの感想を…?とお思いでしょう。
なぜなら!ウォードことブレット・ダルトンがゲスト出演しているからです!ウォード!ウォード!

 


※ネタバレしてます!

 


ウォードがゲストとか…犯人でしょと決めつけていませんか?ぼくはね、信じていましたよ。ウォードが犯人だなんてそんなわかりやすいことはない。フェイントだって。
それがどうですか!ウォード犯人じゃないですか!おい!やる気あるのか脚本!
いや、いいんです。おもしろかったですよ、ええ。ウォードが見れてぼくは満足です。吹き替えも花輪英司だよ!ふっふー!


ウォードはさておき、前シーズンはホームズの頭の病気が判明して終わったからどうなるのかと心配したよ。
ホームズは脳震盪後症候群(PCS)を発症していた。ボクシングやこれまで蓄積していた頭へのダメージがシンウェルに殴られたことが引き金になってしまったのだった。
物忘れ、頭痛、耳鳴り、疲労感に悩まされるホームズは探偵の仕事を続けていけるのか。もし探偵でいられなくなった時にまたドラッグに手を出すんじゃないかと不安に思っているのです…。
ワトソンがそばにいて本当によかったね。ワトソンとホームズのハグかわいい。ホームズのさまよう左手w


そして今シーズンのキーパーソンとなりそうなのが、ミーティングで「仕事に打ち込めば断薬の助けになる」というホームズに救われたと話しかけてきたマイケルという男。声が加瀬康之だけに何かあるぞと思ったら………怖っ!お前の仕事ってそれかよ!
ホームズを変な道に引き込まないでもらえます!?近寄らないで!

 


●個人的なみどころ
ベルの髪がどこまで伸びるのか注目しています。ジョジョのアブドゥルみたいになっていくのかな。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


| 1/1PAGES |