あずましのぶです。
おじさん海外俳優が大好きです。
このたびコメント欄を閉鎖いたしました。
(ないかと思いますが)記事に関するコメント等があればTwitterのリプやDMにて頂ければと思います。
これまでコメントくださった方ありがとうございました。

Twitter:@sinobuazuma

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

ブログパーツ


NUMB3RS シーズン2 第20話「狂った使命感」の感想文

2016.11.23 Wednesday

 

ドンのかつての恋人でAFT捜査官のニッキーが銃で頭を撃ち、自殺と見られる死を遂げた。どんな動揺しながらも捜査を担当することになるが…

 

 

※以下ネタバレしてます

 

 

お兄ちゃんの女絡みの話キタ━━━━━(・∀・)━━━━━━!!!

 

検事補ロビン初登場!
いきなりお兄ちゃんとチュッチュしはじめるが、そこへニッキーの死の知らせが…。
お兄ちゃんの様子からニッキーと知り合いだと見抜くメーガンさすが。メーガンのこういうところ好きだよ。

 

ニッキーは癌だった、と夫のリチャードから聞いたお兄ちゃん。さらに「お気の毒にの一言も言えないのか」と言われてしまう。ううう、つらい…。
そのあと職場に戻らず実家に行ってるところがもう…。パパにママの時はどうだった?と訊くお兄ちゃん。パパも心配だわこりゃ。

 

ニッキーの人生の分析をして、捜査官の自殺率の高さ、家庭崩壊率の高さを知り、お兄ちゃんが心配になるチャーリー。「ドンだってその気になれば誰か見つかる」と諭すアミタなのでした。アミタは前向きだなぁ。
ラリーにチョークをぶん投げるチャーリーw 子供かw

 

結局ニッキーの部下のローが、銀行強盗団の一味だと判明。DNAの起源から割り出すとは、チャーリーおつだよ。普通に調べた方が早かったん(以下略)。
ナンバーズには珍しい銃撃戦が!銃撃戦で穴の空いた一般車両に保険は適用されるのだろうか。
事件解決後、お兄ちゃんはロビンの元へ。

 

今回のお兄ちゃん

●黒手袋装備のお兄ちゃん。

●今回はコルビーがお休み。
●ATF捜査官のターナー役はMarkus Flanaganさん。エージェント・オブ・シールドS3の「ロビン」でギデオンに頭蓋骨をメキョってされてた人です。
●ニッキーの部下のウィルソン捜査官役はLesley Feraさん。コールドケースS4「義手」に出てました。ティム・ディケイさんが出てる回だよ!ちょっとマリスカ・ハージティさんに似てるよね。

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第19話「ハイスクール乱射事件」の感想文

2016.11.23 Wednesday

 

高校で無差別乱射事件が発生し、生徒と教師8名が死亡。犯人は男子生徒2名。その内の1人がもう1人に撃たれる。

 


※以下ネタバレしてます

 

 

IDチップで生徒の管理してるのか。
チャーリーの「高校ってところには行きたくない」って気持ちすごいよくわかる。高校も中学もいやなところだよね、うん。

 

ゲーマーのおたくでもいいじゃないか。なんでいじめられなきゃならないんだよ!
まあ、だからって、乱射はいかん。気持ちはわかるけど、やっちゃいけない。ラリーの言うように、高校なんて一時のことなんだって考えるのが自分にとってもいいのだ。

 

今回は、デビッドとコルビーの車の中でのやりとりもよかったよ。この2人好き。
いっつも容疑者を追いかける係の2人。今回は学生にタックルを決め、レスリング部の生徒をひっくり返すコルビー。かっこよすぎ。

そういえば、お兄ちゃんと同学年だったんだよねチャーリーは。「ボコボコにしたかったよ…兄さんを」からのイチャイチャでエンド。お兄ちゃんのぽこぽこパンチ。なんだこれ、最高かよ。

今回のお兄ちゃん

●デートはどこで?
●膝立ちで弟にハンデをやるお兄ちゃん。かわいすぎる。
●ピザをおごってくれるお兄ちゃん。

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第18話「イラク人女性弁護士」の感想文

2016.11.21 Monday

 

イラク人の女性活動家サイーダが殺害された。彼女は弁護士でもあり、女性の権利団体の支援を受けて訪米していたところだった。

 


※以下ネタバレしてます

 


お兄ちゃん役ロブ・モローの監督回!
それにしてもこの邦題、もうちょっとなんとかならなかったのだろうか。

 

チャーリーが元カノ・スーザンと色っぽい雰囲気を醸し出すんですが、キャラがちがいすぎてものすごい違和感をおぼえますw,,

おまえアミタはどうしたこの野郎!と言わずにいられない。スーザンはチャーリーとイチャイチャしたあとに付き合ってる人がいるの、とかなんなんだ?なんなんだ、おい?

 

チャーリーがデート中なもんだから、コルビーはラリーに協力をあおぎに行く。すごいぎこちないコンビ!後ろからコルビーに羽交い締めされるとか完全にご褒美。うらやましい。
プールでぷかぷかしてたラリーがローブのままユリイカしちゃったからコルビーどん引き。でもちゃんとお礼を言うコルビーなのでした。
ダッシュに格闘に、今回はコルビー大活躍。
最後はエプス家のイチャイチャで終了。チップスおいしそう。

 

事件のこと全然書いてなくてすみません。

 

今回のお兄ちゃん

●はいはい、誰と?
●かわいそ、とパパとチャーリーに言われるお兄ちゃん

 


 

●エプスパパ「ひっこめレインマン」
●デビッドがお休みだった…。
●チャーリーの元カノ・スーザンどっかで見たなと思ったらCSI:NYのラボメンだったジェーンだ!(Sonya Walgerさん)

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第17話「マインド・ゲーム」の感想文

2016.11.20 Sunday

 

11月23日(いいにいさんの日)に向けてアップを開始しました。
23日まで感想文という名のお兄ちゃん大好き文章を垂れ流しますのでご注意!

 

霊能者クラフトからの通報で、森で若いラテン系女性3人の遺体が発見される。当初FBIはクラフトが事件に関与しているのでなないかと疑うが、彼には明確なアリバイがあった。

 


※以下ネタバレしてます

 


捜査系ドラマ定番の『霊能者』きました!

 

霊能者クラフトの声はマック・テイラーこと中村秀利さん。ほんと、マック以外は怪しい役ばっかりだな。

発見された遺体からは内臓が抜かれていた…。
彼女たちは短期でアメリカへやってきていた。クラフトが言ってた妊娠のイメージはお腹に隠した麻薬だったのだ…。あ〜あ、そうかぁ。よくある話なのに超能力に気をとられて思いつかなかった。

 

クラフトにお母さんの霊が隣にいると言われたチャーリーは猛反発。ラリーは超能力肯定派なんだね。

クラフトを捜査に使うことにしたドンとそれに怒るチャーリー。「僕の仕事を認めてよ」って結局そこなん?チャーリーってば。お兄ちゃんは認めてるよ、ちゃんと。
兄弟喧嘩してたお母さんの写真が壁からガタッと落ちる。「母さんは兄弟喧嘩を嫌がった」というパパ。めっちゃ動揺してるじゃんチャーリーw

 

今回のお兄ちゃん

●クラフトにつっかかる弟を「よせチャーリー」と諌める
●「よく戻ってくれたな」とチャーリーに言う
●論拠薄弱だ!とめっちゃ良い笑顔で言う

 

 


 

●密入国の組織コヨーテって、クローザーでも出てこなかった?実在するのかな。
●スターゲイト計画とは⇒Wikipedia
●コルビーの「セニョリータ」たまらん。

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第16話「追憶」の感想文

2016.08.15 Monday

 

陸軍兵士募集事務所で爆弾テロが発生。市民一人が犠牲となる。捜査をはじめたドンたちの前に、35年前に動揺の爆破事件を担当したという元捜査官のローソンが現れる。マシュー・スターリングという男が関わっていると主張するローソンだったが…。

 

 

※以下ネタバレしてます

 


なんとパパが昔スターリングと反戦活動をしていたことが判明し驚く兄弟。お兄ちゃんが生まれたころか。3歳の時に座り込みへ連れて行かれて目の前でパパが逮捕されたという過去が…マジかよ。
やっぱりFBIに入る前に家族の身辺調査はされるんだね。そりゃそうか。

 

ローソンはパパの過去を調べドンに捜査を降りては?と言って来る。

シスコという男がスターリングとつるんでいたことがわかり、頑なにスターリング犯人説を捨てようとしないローソンにシスコの正体を知っているのかと詰め寄るドン。そして「私がシスコだ!」と衝撃の告白をするローソン。えええ!

潜入捜査してたんですって。爆弾の作り方をスターリングやその仲間に教授。それによって爆破事件が起きたのだった…。
サラ・ケンプルが作った爆薬を使わせないように、スターリングは爆薬を盗み出し処理しようとしたところ途中で爆発。事故を起こし亡くなっていた。

 

今回の犯人、出てきた瞬間にコイツだ!とわかってしまいました。
スターリングの仲間だったベネットの息子アダム。アダム役がパトリック・J・アダムスさんだったのです!これは犯人っしょ、可愛い顔して犯人だわ、と第一印象から決めてました!
アダムにタックルをかますコルビーがかっこよかった。コルビータックルいいよね。

 

今回のお兄ちゃん

●元活動家のパパとローソンの間で揺れるお兄ちゃん
●過激派め!とパパにいうお兄ちゃん

 

 

ベトナム戦争に反対した過激派が過去の事件で追われるといえば、ロバート・レッドフォード主演の「ランナウェイ/逃亡者」ですね。シャイア・ラブーフが出てるよ。

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第15話「狙われたハイテクマシン」の感想文

2016.08.09 Tuesday

 

大学からDNA合成機が盗まれた。ラリーの助手をする大学2年生のロンが強盗一味の一人に殴られてしまう。
DNA合成機は生物兵器を作ることも可能だという…。

 


※以下ネタバレしてます

 


“第二のチャールズ・エプス”と呼ばれる優秀な学生ロン。どん底から這い上がってきた人間は過去と距離をおくはずとロンを怪しむデビッドが調べたところ、ロン・アレンという人物はすでに死んでいることがわかる。いかにも怪しいと思ったら…まさかそうくるか。ラリーはロンを買っていたのにな…。
チャーリーが長距離選手としての記録を調べると、いろんな大学で別人になっているロンの痕跡を発見する。そして高額な機材とともに姿を消していたのだ。大学生にしては老けてるという印象は間違ってなかった!30歳すぎて18歳の大学生のふりをするのは並大抵じゃないぞ。
そしてロン(本名はウェスリー・シュライアー)の次なる狙いはラリーの研究所だと判明!大変だ〜!
トンネルを掘っているところを逮捕。よかった。ラリーの研究所が無事で。

 

今回のエプスファミリー

エプスママは作曲ができて、ウィーンへの留学の話があったほどピアノ奏者として優れていた。だけどパパと出会って、弁護士になって生活を支えるために音楽をやめた。パパは「音楽より法律の方が楽しい」というママの言葉を真に受けてしまった…と音楽への情熱に気付いてあげられなかったことを悔やむ。
息子たちにピアノを習わせてたんだねぇ。

 

今回のお兄ちゃん的みどころ

●昔チャーリーとピアノを習っていた
●プラズマカッターをいじくるお兄ちゃん
●お兄ちゃんの猛ダッシュ&タックル(ご褒美)
ピアノを弾くお兄ちゃん!ピアノを弾くお兄ちゃん!

 

最後のピアノを弾くお兄ちゃんで吐血しそうになりました。ママのピアノ話が出て、ひょっとしたら弾いてくれるかもと期待していたけど、まさか本当に弾いてくれるとは。ありがとうございます!グハッ(吐血)_(´ཀ`」 ∠)_

 

●潜水艇の窓はサファイア、とφ(。_。*)
●ジーノ・マギンティ役はエージェント・オブ・シールドでカルデロン役だったKirk Acevedoさん。

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第14話「臓器売買」の感想文

2016.07.23 Saturday

 

7月23日、『な、兄さん』の日ですね。
そう、ぼくは気付いてしまったのです。毎月23日は『お兄ちゃんの日』だと!
というわけで、ナンバーズの感想文です。

 


ダウンタウンのあるホテルの地下が怪しいという匿名の通報を受けて、ドンたちが現場へ向かう。従業員に案内されて地下室を見てみると、そこは辺り一面血の海だった。

 


※以下ネタバレしてます

 

 

臓器売買の話はいろんなドラマで扱われるよね。
多いのかな…恐ろしい…。

 

ミルトン賞(なんだかすごい賞)を受賞したアミタ。そのことをウキウキでFBIに報告しに来るチャーリー。わざわざお兄ちゃんの職場に報告しにくるのかよw
ホテルの地下にいたの女の子はアミタを見て反応を示す。タミル語で訴えかけているという。アミタってインド人だったのか。女の子はサンティと名乗った。

 

救急車のクラッシュが派手だった!タクシーの運転手さん巻き込まれてかわいそう…。
4人の女の子がインドから臓器を売る為にやってきて、2人は死んでしまった。
ホテルの夜間支配人トルチャックは元医者で、救急隊員と手を組み移植の待機リストに載っていない人たちを相手に臓器売買をしていたのだった。

 

サンティの妹プリタは無事はギリギリで保護される。アミタはミルトン賞の賞金を2人の学費に充てることに。
インドで自分のルーツを見に行くことにしたアミタなのでした。
最後、ドナー登録についてわいわいするエプス一家。「まだ生きてるのに死んだと思われて臓器を取られたらいやだな」というチャーリーに対し「まぁ、お前ならそういうこともあるだろうな」ってどういうことなのお兄ちゃんw
チャーリーの脳はお兄ちゃんがネットオークションに出します。

 

●パンをもぐもぐするコルビー。1個もらったのにもう1個くすねる。パン泥棒!

 

 

 

ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


NUMB3RS シーズン2 第13話「賭けの代償」の感想文

2016.02.03 Wednesday


カジノの駐車場で男性客が殺害される。被害者はユーリ・チェルノフ。ハンティントン工科大学の学生だった彼の車からは、数字が書かれたノートがそして寮からは偽のIDが見つかった。


※以下ネタバレしてます


メントスコーラめっちゃ楽しそう!

被害者のノートを見て顔色を変えるラリー。昔、ラリーはブラックジャックのカードカウンティングの方程式を研究していた。しかもそのせいで捕まったことがあったのだ!
「お兄ちゃん、本当にすまない…」って謝るラリー。みんなの前でもお兄ちゃんって呼ぶんだw かわいいw
ユーリのイカサマ仲間ジェイソンの部屋にあった確率表はラリーの大学院の時の友人レナードによるものだった。
“実地調査”と称してカジノでブラックジャックをしに行くチャーリー、ラリー、アミタ。ラリーがハイになっててやばいw
ユーリたちはカジノのオーナー・マリウスにイカサマがばれ、マネーロンダリングを強要されていたのだ。しかしそのマリウスも殺される。二転三転するねー。結局一味の1人イグナシオが殺していたのだった。
ラリーはレナードに「学生3人をどん底に突き落とした」と怒りをぶつける。ほんとになぁ…ラリーが怒るのも無理ない。
アミタのラリーの物まねかわいい回でした。
 

今回のお兄ちゃん的みどころ

●メントスをぱくっと食べるお兄ちゃん

 


さてさて、1年ぶりのお兄ちゃん祭りはこれで終了といたします。
次は11月23日といわず、ちょこちょことお兄ちゃん観測日記をつけないといけませんね。
好きです!お兄ちゃぁぁぁぁぁぁああああああああん!



ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

NUMB3RS シーズン2 第12話「報復の連鎖」の感想文

2016.02.03 Wednesday


レストランの駐車場である男が銃撃され殺害される。ドンはギャング同士の事件になぜFBIが呼ばれたのか疑問に思うが、殺害されたライムスはギャングに潜入中のFBI捜査官だった。


※以下ネタバレしてます


捜査会議にいつの間にか当たり前のようにいるチャーリー。びっくりしたw
ライムスは捜査官だとバレたために殺されたんじゃなかったとわかる。
潜入捜査官のお葬式できないんだ…死んだんだからもういいじゃんって思うけど、ダメなんだね…。

チャーリーはギャング絡みの事件の多さにショックを受ける。犠牲者に子供が多いから、かなり肩入れして過去の銃撃事件の分析。LA市警の警部補にくってかかる場面も。お兄ちゃんはチャーリーの気持ちもわかるし、警部補の気持ちもわかるからしっかり仲裁してくれます。

チャーリーの分析の結果、1人を確実に殺害できる時に狙っているのではないかとわかる。犯人の狙いは、ギャング同士の報復の連鎖を起こし殺し合わせること。銃の回収プログラムで回収された処分されずに銃が犯行に使われていた。コミュニティセンターの所長がめっちゃうざくて怪しいんだけど、いい人そうな職員オーウェンズが犯人だった。息子をギャングに殺されてギャングに復讐した。そして連鎖がはじまったんだね。
意外な展開でおもしろかった。今回はデヴィッド大活躍だったよ。デヴィッドの説得も虚しくオーウェンズは自殺…オーウェンズに代わり、コミュニティーセンターの子供たちに喧嘩のおさめ方を講義するデヴィッド。いいやつだなぁデヴィッドは。
 

今回のお兄ちゃん的みどころ

●モテない数学者の意見を聞いてもなぁ
●実家に来たはいいけどお父さんもチャーリーも出掛けて1人でおうちに残るお兄ちゃん。チャーリーが集めた事件の資料を見て1人ため息をつく姿が切ないのです。


●コルビーとデヴィッドっていっつも逃げる奴を追いかけてるよね。
●センターの所長オリビアBONESのサロヤン役のTamara Taylorさん。BONES見てないけども。



ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

NUMB3RS シーズン2 第11話「放火捜査のカギ」の感想文

2016.02.03 Wednesday


過激な環境保護団体「ELM」による連続放火事件が発生。4件目はSUV車のディーラーが放火され、たまたま出勤して来た社員が巻き添えで焼死する事件に発展する。


※以下ネタバレしてます


飛び級で大学に入ったイーサン。こんな時に頼れるのがエプス教授なのです!
イーサンとジェイクの関係がまんま兄弟にかぶっているようでした。ジェイクいやなやつかと思ったけど、いいやつだった。イーサンはその知識を悪用されてしまったのだね。
犯人は火災調査官のポール・スティーブンス。まさかとは思ったがやっぱり…。

お父さんがお風呂に入ろうとしたら、お風呂がチャーリーとラリーの実験室に。修理はお兄ちゃんがやってくれるのです。チャーリーの指工具で挟んでたけどw
今回もいいイチャイチャエンドだった。
 

今回のお兄ちゃん的みどころ

●突入お兄ちゃん(今回気付いたんだけど、お兄ちゃん突入時に黒い手袋するんだよね。そのせいでかっこよさ3割増なの
●チャーリーにイーサンの刑期を訊かれて口で答えず指で3ってするお兄ちゃん

●バックドラフトの実験を手伝ってくれた教授いいキャラだなぁw
●前回はコルビーがお休みで今回はデヴィッドがお休み。大概、どっちかがお休みさせられるのです。
●スティーブンス役のLoren Deanさん。「ガタカ」では主人公の弟アントン役。ガタカの時より痩せたかな。もっと大きい人だと思ってた。



ポチッとお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


 

| 1/4PAGES | >>